形成外科・美容外科・美容皮膚科 豊胸術 シリコンプロテーゼ

プリモ麻布十番クリニック 0120-062-069
  • カウンセリング
  • お問い合わせ

形成外科・美容外科・美容皮膚科 豊胸術 シリコンプロテーゼ

プリモ麻布十番クリニック 0120-062-069
  • カウンセリング
  • お問い合わせ

経過写真

BD シリコンプロテーゼによる豊胸術後6か月の経過

po6M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後6か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後6か月経過しとても柔らかく仕上がってきました。
歩行時の揺れも自然な感じで現れています。
体型にフィットした良いサイズ感です。

po6M斜め
術後6か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下にアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼをいれています。
テクスチャード加工のプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンです。

po6M横
手術後6か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

プロテーゼのサイズは手術中に旦那様と見ながら相談し、
210ccのサイズを選択されました。
アナトミカルタイプの良い形ができています。

po6M脇2
手術後6か月の左脇です。

po6M脇
手術後6か月の右脇です。

脇の傷も目立ちません。

 

BE シリコンプロテーゼによる豊胸術後3か月の経過

po3M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後3か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

浮腫みもとれて随分柔らかくなってきました。
体型に無理なくあったバストになってきています。
拘縮のサインはありません。

po3M斜め
手術後3か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを、
大胸筋筋膜下へ入れています。
テクスチャード加工のプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンです。

po3M横
手術後3か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

プロテーゼのサイズは手術中にご自身で決められ、
190ccの大きさを選択されました。
体型にあった自然な豊胸となっています。

 

BE シリコンプロテーゼによる豊胸術後2か月の経過

po2M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後2か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

手術後は自然な範囲での豊胸を希望されましたが、
満足いく形態になっているようです。
腫れが引くとともに柔らかくなってまいりました。
触った感じ被膜拘縮のサインはありません。

po2M斜め
手術後2か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下へアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po2M横
手術後2か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身で見て決められ、
190ccの大きさを選択されました。
体形にあった大きさでアナトミカルタイプの良いプロフィールがでています。

BE シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過

po2W正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後はバランスの良いバストが形成されました。
腫れも落ち着いてきました。

po2W斜め
手術後2週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを大胸筋筋膜下に入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po2W横
手術後2週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身で見て決められ190ccの大きさを選択されました。
アナトミカルタイプの良いシルエットがでています。

BE シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過

po1W正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後1週間でまだ腫れがある時期です。
バストの皮膚にやや緊張があるため少してかてかしています。
この症状は時間と共に改善します。

po1W斜め
手術後1週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下へアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po1W横
手術後1週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

プロテーゼのサイズは手術中にご自身で見て決められ、
190ccの大きさを選択されました。
もともと痩せ形体型なので、
無理に大きなサイズを選択せず、自然な範囲で豊胸をご希望でしたので、
とても良いサイズ選択となったと思います。

BD シリコンプロテーゼによる豊胸術後3か月の経過

po3M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後3か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後経過良好でとても柔らかく仕上がってまいりました。
歩行時の自然な揺れも実感するようです。

po3M斜め
術後3か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下にアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。

po3M横
手術後3か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身と旦那様と一緒に見てご相談なされ、

210ccの大きさを選択されました。

アナトミカルタイプの良い形ができています。

健康に気を使い、もともとスタイルの良い方ですが、
バストを豊胸し、さらに理想的なスタイルを手に入れたようです。

BD シリコンプロテーゼによる豊胸術後2か月の経過

po2M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後2か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後2か月経過しかなり柔らかくなってきました。
ボリューム感も丁度体型に合った感じです。

po2M斜め
手術後2か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇から大胸筋筋膜下へアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れました。
テクスチャード加工のプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンです。

po2M横
手術後2か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご本人およびご主人様が見て決められ、
210 ccの大きさを選択されました。

被膜拘縮のサインも全くなく経過良好です。

B 豊胸術他院修正入れ替え術後3年3か月の経過

po3Y3M正面
豊胸術他院修正入れ替え術後3年3か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は他院で入れたバックが被膜拘縮を起こしたため、
左右ともに硬く、
右は上に上がって位置異常もありました。
左右で乳頭の向きが異なり違和感があります。

当院で両側入れ替え術を行い、
とても柔らかいバストになりました。
位置も最適な位置に落ち着いています。

po3Y3M斜め
手術後3年3か月の斜めからです。

術前右斜め
手術前の斜めからです。

脇の下からプロテーゼの入れ替えは行っています。
プロテーゼを入れているポケットの位置も変更いたしました。

po3Y3M横
手術後3年3か月の横からです。

術前右横
手術前の横からです。

術前はバックが上に上がってupper pole fullnessという、
鳩胸のようなバストで、乳首が下向きにお辞儀した状態でした。
当院でプロテーゼの入れ替えを行い、
アナトミカルタイプのソフトコヒーシヴシリコンに入れ替え、
良い形になりました。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。
予防を徹底しましたので、被膜拘縮の再発は全くありません。

po3Y3M左脇
手術後3年3か月の左脇です。

po3Y3M右脇
手術後3年3か月の右脇です。

よく見ると傷は認識できますが、
白く脇のしわになじんでいます。

脇の動きなども全く問題は生じておりません。

BD シリコンプロテーゼによる豊胸術後1か月の経過

po1M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1か月の経過写真です。

術前正面
術前の正面です。

術後はしっかりとしたボリュームのあるバストになりました。

術後の腫れはほぼ引いてきております。
柔らかさが出てきています。

po1M斜め
手術後1か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを大胸筋筋膜下へ入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンです。
テクスチャード加工のプロテーゼを用いています。

po1M横
手術後2か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご本人およびご主人様と一緒にご覧になられ、
210 ccの大きさを選択されました。

綺麗なアナトミカルタイプの良い形が出ています。