形成外科・美容外科・美容皮膚科 豊胸術 シリコンプロテーゼ

プリモ麻布十番クリニック 0120-062-069
  • カウンセリング
  • お問い合わせ

形成外科・美容外科・美容皮膚科 豊胸術 シリコンプロテーゼ

プリモ麻布十番クリニック 0120-062-069
  • カウンセリング
  • お問い合わせ

経過写真

I シリコンプロテーゼによる豊胸術後6ヶ月の経過写真
po6M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後6ヶ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。脇から210ccのシリコンプロテーゼを入れています。

po6M斜め
手術後6ヶ月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。
ポケットの層は大胸筋筋膜下を選択しています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

po6M横
手術後6ヶ月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご本人が選択しました。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。

術中にサイズチェックを行うことで術後に大きさで後悔することはなくなります。
サイズチェック中もしっかりと意識があり、正しく選択したことも覚えています。


A 豊胸術修正(プロテーゼ入れ替え術)手術後2週間の経過写真

po2W正面
豊胸術修正目的に右のプロテーゼ入れ替えを行った手術後2週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。右のCMCプロテーゼが破損し、
周囲に無菌性膿瘍を形成し大きくなっています。
左右差が顕著です。

手術後は以前の異物を綺麗に摘出洗浄し、
新しいアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。

手術後2週間で経過問題ありません。
形も整い、柔らかさもとても柔らかです。

po2W右斜め
手術後2週間の斜めからです。

アンダーの切開部分も目立ちません。

術前右斜め
手術前の斜めです。
腫れて大きい状態です。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

po2W右横
手術後2週間の横からです。

術前右横
手術前の横からです。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。


A 豊胸術修正(プロテーゼ入れ替え術)手術後1週間の経過写真
術前正面
CMCプロテーゼを他院で入れていましたが、
数ヶ月前から右のバストが大きくなり、
検査でプロテーゼの破損を指摘されていました。

脇からの入れ替えを提案しましたが、
ご本人の希望からバストのアンダーの位置を切開し、
プロテーゼの摘出入れ替えを行いました。

po1W正面
手術後1週間の経過写真です。

入っていたプロテーゼはラウンドタイプの200ccの大きさのCMCプロテーゼでした。
サイズは自然に少し小さくしたいとのご希望から、
アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼ、
サイズは190ccのプロテーゼを選択し入れました。

ご本人の希望から今回右のみの入れ替えとなっています。

形態はとても良好です。
腫れもほとんどないようです。
すでにすごく柔らかい状態です。

術前バストアップ
手術前のバストのアップです。
CMCプロテーゼの周囲に膿瘍の貯留を認めました。
緊満した状態です。

手術の際に抗生剤加生理食塩水で大量に洗浄し、
新しいプロテーゼを同時に挿入しました。

術前下から
下から見たころです。
下から見てもサイズの左右差が顕著なのがわかります。

アンダーの位置を約4cm切開し摘出しました。

摘出プロテーゼ
摘出したCMCプロテーゼです。

経過および状態から、
プロテーゼが何らかの原因で破損し、内容物が周囲に漏出し、
無菌性膿瘍を形成していたと考えました。

今後の経過もきっちりと観察してフォローしていきたいと思います。


K シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真
po1M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。手術後の腫れも落ち着いてきました。

po1M右斜め
手術後1ヶ月の斜めからです。

術前右斜め
術前の斜めからです。

やや漏斗胸ぎみで乳頭が内側を向きやすい傾向があります。
シリコンプロテーゼの位置、大きさを慎重に合わせる必要があります。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

po1M右横
手術後1ヶ月の横からです。

術前右横
手術前の横からです。

術後はアナトミカルタイプの良い形がでています。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。


J シリコンプロテーゼによる豊胸術後2ヶ月の経過写真
po2M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後2ヶ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。術後2ヶ月ですごく柔らかくなってきました。

po2M斜め
術後2ヶ月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

腋の下からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを
大胸筋筋膜下に入れています。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

po2M横
手術後2ヶ月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

プロテーゼのサイズは、
手術中にご自身で選択され285ccの大きさを選ばれました。

術後2ヶ月でどんどん柔らかくなり、
自然な動きがでてきています。

術中にサイズチェックを行うことで術後に大きさで後悔することはなくなります。
サイズチェック中もしっかりと意識があり、正しく選択したことも覚えています。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。


H シリコンプロテーゼによる豊胸術後6ヶ月の経過写真
po6M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後6ヶ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。6ヶ月経過しめちゃくちゃ柔らかくなってきました。
初めは皮膚の張りが強く固い印象でしたが、
皮膚が適度に伸びてしなやかさが出てきています。

po6M斜め
手術後6ヶ月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。
大胸筋筋膜下にポケットを作成していますので、
動きも自然です。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

po6M横
術後6ヶ月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズはご本人が術中に選択し、
285ccのやや大きめのサイズのプロテーゼが入っています。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。

術中にサイズチェックを行うことで術後に大きさで後悔することはなくなります。
サイズチェック中もしっかりと意識があり、正しく選択したことも覚えています。

po6M右脇
手術後6ヶ月の右脇の傷跡です。

po6M左脇
手術後6ヶ月の左脇の傷跡です。

ほんのり赤みがあるところがありますが、
脇のしわに隠れ、
ほとんど分からなくなっています。


K シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過写真

po2W正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は右のバストが軽度漏斗胸の影響から小さく見えます。

po2W右斜め
手術後2週間の斜めからです。

術前右斜め
手術前の斜めからです。

脇からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを、
大胸筋筋膜下にいれています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

po2W右横
手術後2週間の横からです。

術前右横
手術前の横からです

サイズは右240cc、左210ccを選択されました。

術中にサイズチェックを行うことで術後に大きさで後悔することはなくなります。
サイズチェック中もしっかりと意識があり、正しく選択したことも覚えています。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。


K シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真

po1W正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後の腫れで全体的にややぼやけて見えます。
軽度の内出血も認めます。

po1W右斜め
手術後1週間の斜めからです。

術前右斜め
手術前の斜めからです。

腋の下から大胸筋筋膜下にシリコンプロテーゼを入れています。
皮膚が伸びてややテカリがある時期ですが、
これは時間とともに解消していきます。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

po1W右横
手術後 1週間の横からです。

術前右横
手術前の横からです。

右がやや漏斗胸ぎみで、胸郭が凹んでおり、
右のバストが左よりも小さな状態です。

プロテーゼの大きさは、
術中に相談して決め、
右に240cc、左に210ccの大きさを選択されました。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。

術中にサイズチェックを行うことで術後に大きさで後悔することはなくなります。
サイズチェック中もしっかりと意識があり、正しく選択したことも覚えています。


J シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真

po1M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1ヶ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後1カ月もすると腫れもほぼ落ち着き、
皮膚のテカリも改善してきます。

po1M斜め
手術後1ヶ月の斜めからです。

腋の下から大胸筋筋膜下にシリコンプロテーゼを入れています。

術前斜め
手術前の斜めからです。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

po1M横
手術後1ヶ月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

手術後はアナトミカルタイプの良い形がでています。
サイズは手術中に彼氏と相談し決められ
285ccの大きさのプロテーゼを選択されました。

術中にサイズチェックを行うことで術後に大きさで後悔することはなくなります。
サイズチェック中もしっかりと意識があり、正しく選択したことも覚えています。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。


K シリコンプロテーゼによる豊胸術後3日目の経過写真

po3D正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後3日目の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は右の胸郭が低い状態で、軽度の漏斗胸を認めました。
胸郭の高さの違いもあり、
右のバストが、左のバストにくらべ小さく左右差が顕著です。

手術後はプロテーゼの大きさを調整し
できるだけ左右差を小さくするように心がけました。

手術中に、ご本人および彼氏と一緒に相談し、
サイズをいろいろと変化させ確認しましたが、
右に240cc、左に210ccのボリュームを入れた時が、
もっとも自然で左右差が小さく、
バストの形態も綺麗だったので、
納得のうえサイズを決定いたしました。

po3D右斜め
術後3日目の斜めからです。

術前右斜め
手術前の斜めからです。

腋の下から大胸筋筋膜下に、
アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。

テクスチャードタイプの表面加工を採用したプロテーゼを用いています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンでできていますので、万一の破損の際も比較的安全です。

被膜拘縮対策の処置を数多く術中に行っていますので、当院での被膜拘縮は無いか極軽度に留まっています。

po3D右横
手術後3日目の横からです。

術前右横
手術前の横からです。

右のバストが小さいのは、
軽度の漏斗胸により右胸郭が陥凹している影響です。

術後は豊胸術により
バストの形態が美しく整いました。

ご自身の体形に合ったサイズとなりました。
アナトミカルタイプの良い特徴がしっかりと出ています。