形成外科・美容外科・美容皮膚科 豊胸術 シリコンプロテーゼ

プリモ麻布十番クリニック 0120-062-069
  • カウンセリング
  • お問い合わせ

形成外科・美容外科・美容皮膚科 豊胸術 シリコンプロテーゼ

プリモ麻布十番クリニック 0120-062-069
  • カウンセリング
  • お問い合わせ

経過写真

D 豊胸術他院修正入れ替え術後2か月の経過

po2M正面
豊胸術他院修正入れ替え術後2か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は他院で入れた生理食塩水バックの右側が破損し、
内容物が吸収され変形していました。
当院で最新のソフトコヒーシヴシリコンプロテーゼに入れ替えを行いました。
術後2か月経過し、とても柔らかくなってきました。

po2M斜め
手術後に2か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から以前の生理食塩水プロテーゼを摘出し、
新しいポケットを大胸筋筋膜下に作成し、
アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。

po2M横
手術後2か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身で見て決められ、
240ccの大きさを選択されました。

体型に合った綺麗なバストになりました。

 

BC シリコンプロテーゼによる豊胸術後1か月の経過

po1M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後は体形にあったバストが形成されました。
腫れも随分落ち着いてきました。

po1M斜め
手術後1か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下にアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼをいれています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po1M横
術後1か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは術中に決め285ccとなりました。
長身の体型に合った大きさと思います。

 

BC シリコンプロテーゼによる豊胸術後2週間の経過

po2W正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術手術後2週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後は長身に似合うバストになりました。
浮腫みがまだある時期ですが、
しっかりとご希望通りのバストが形成されました。

po2W斜め
手術後2週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを、
大胸筋筋膜下に入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po2W横
手術後2週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは術中に選択し、285ccの大きさに決定しました。
まだまだ張りがありすぎますが、
これから徐々にしなやかさができています。

 

BC シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過

po1W正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後1週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後はしっかりとしたバストが形成されました。
まだまだ腫れがある時期ですが、
それほど不自然ではない状態です。

po1W斜め
術後1週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下へ、
アナトミカルタイプのソフトコヒーシヴシリコンプロテーゼを入れています。

材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po1W横
術後1週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中に決定し285ccの大きさを選択しています。
アナトミカルタイプの良い形が出ています。

 

D 豊胸術他院修正入れ替え術後1か月の経過

po1M正面
豊胸術他院修正入れ替え術後1か月の経過写真の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は他院で入れた生理食塩水バックが入っていました。
右のみ破損し小さくなっていました。

当院で脇から入れ替え術を行い、美しいバストが復活しています。
腫れも随分落ち着いてきました。

po1M斜め
術後1か月の斜めからです。

術前斜め
術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋下の生理食塩水バックを摘出し、
大胸筋筋膜下に新しいポケットを作成し、
アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れました。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。

po1M横
術後1か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身で見て決められ、
240ccの大きさを選択されました。
アナトミカルタイプの良い形が出つつあります。

 

H シリコンプロテーゼによる豊胸術後3年8か月の経過

po3Y8M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後3年8か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後3年8か月経過しとても柔らかい状態です。
自然な感じで歩行時の揺れなどもあります。
大きさもとても迫力のあるバストになりました。

po3Y8M斜め 訂正
手術後3年8か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下からアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを大胸筋筋膜下に入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po3Y8M横 訂正
手術後3年8か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身で見て選択され、
術中チェック1
285ccの大きさを選択されました。

しっかりと意識がはっきりとしてから選んでおりますので、
サイズは希望通りになりました。

 

D 豊胸術他院修正入れ替え術後2週間の経過

po2W正面
豊胸術他院修正入れ替え術後2週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は他院で入れた生理食塩水バックの右側が破損した状態でした。
当院でシリコンプロテーゼに入れ替えを行い綺麗なバストが復活しました。

腫れがまだある時期ですが、美しいシルエットが得られています。

po2W斜め
手術後2週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から生理食塩水バックを摘出し、
アナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを大胸筋筋膜下に入れています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po2W横
術後2週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズはご自身で手術中に実際に見て決められ、
240ccの大きさを選択されました。

体形にあった大きさで満足いただけました。

 

D 豊胸術他院修正入れ替え術後1週間の経過

po1W正面
豊胸術他院修正入れ替え術後1週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前は他院で生理食塩水バックによる豊胸術をお受けになられていましたが、
右側が破損して萎んでしまっていました。

脇の下から入れ替えを行い、術中にご自身でサイズを見て選ぶ方法を用いました。

術後は綺麗に大きさのそろったバストになりました。

po1W斜め 訂正
術後1週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から入れ替え術は行っております。
大胸筋下の生理食塩水バックを摘出し、
新しいプロテーゼは大胸筋筋膜下に入れています。

アナトミカルタイプのプロテーゼを用いています。
テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。
材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。

po1W横 訂正
術後1週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは手術中にご自身で見て選択され、
240ccの大きさを選ばれました。

とてもフィットする大きさです。

MMバック
摘出したプロテーゼです。

右は破損していました。
左はそのまま無傷で摘出しました。

 

BA シリコンプロテーゼによる豊胸術後6ヵ月の経過

po6M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後6ヵ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後は迫力のあるバストになりました。

柔らかさもとても自然で良い状態になりました。

po6M斜め
手術後6ヵ月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下にアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。

テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。
po6M横
手術後6ヵ月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズは340ccの大きめのサイズ選択となりました。

ご自身の体型にあった綺麗なサイズを選択されました。

BB シリコンプロテーゼによる豊胸術後3か月の経過

po3M正面
シリコンプロテーゼによる豊胸術後3か月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術後は迫力のあるバストが形成されました。

柔らかさもでてきて自然な揺れがあります。

po3M斜め
手術後3か月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

脇の下から大胸筋筋膜下にアナトミカルタイプのシリコンプロテーゼを入れています。

材質はソフトコヒーシヴシリコンなので安全性が高くなっています。

テクスチャードタイプのソフトコヒーシヴシリコンを採用しています。

po3M横
手術後3か月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

サイズはご自身で術中に見て決められ、
285ccの大きさを選択されました。

やや大きすぎるかと思われましたが、

ご本人の強い希望によって大きめのサイズ選択となりました。